求人の中では経験者を求めているところもある

育児の経験が保育園の求人に活きた

「本当に私でいいんですか!?」と、とても嬉しくなって声を上げたのは、駄目もとで応募をしていた保育園の保育士の求人に採用していただくことができるという連絡をいただいたからでした。私がこんなにも驚いてしまっていたのは、ただ保育士として働いてみたかったという気持ちだけを持って、資格も経験もないままに求人に応募をしていたからです。幼いときから小さな子供が好きだった私は、自らが出産をして育児を経験したことによって、さらに子供への関心が強まり、その気持ちだけで応募をしてしまいました。保育士として働くには、もちろん保育士の資格が必須であり、保育園によっては経験も求められてきてしまいます。そこで私は、一応それも考慮した上で、未経験者OKという応募条件のあった保育園の求人に応募をしたのですが、なんと本当に保育士としての採用が決まったのです。園長先生がおっしゃるには、確かに保育士の資格は持っていないものの、育児の経験は仕事の経験以上に活きてくるものだとのことで、私の育児の経験を買ってくださいました。

こうして私は今、子供たちに「先生」と呼ばれながら、念願の保育士として働くことができています。この夢を叶えることができたのも、自分の子供のおかげです。私のところに生まれてきてくれただけでも幸せであるのに、夢まで叶えてくれて、本当に自分の子供には頭が上がりません。家では親として、保育園では保育士として努めていきたいです。

Copyright 2017 求人の中では経験者を求めているところもある All Rights Reserved.